地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、上尾・桶川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

上尾・桶川の地域情報サイト「まいぷれ」

上尾周辺の美味しいラーメン!人気店からおすすめの名店まとめ

上尾のおいしい「魚介系ラーメン」まとめ

上尾市でおいしい「魚介系ラーメン」が食べられるお店をご紹介!魚介の旨みがつまった濃厚ダシがくせになる!あの人気店の煮干ラーメンや、魚介系つけ麺など、上尾の美味しい魚介系ラーメンを厳選しました。

中華そば よしかわ

中華そば よしかわ
北上尾駅東口、上尾市税務署近くにある中華そば よしかわ。煮干しそばを専門に扱う連日行列の人気店。煮干しの香りが漂う店内でいただく「煮干しそば白醤油」は煮干しのだしがたっぷり出ていて、コクがあるのに後味あっさりのスープが特徴。歯切れの良い全粒粉入りの中細麺は噛む度に旨味が広がり、スープとの相性も抜群。お昼時は行列必須だが、一度食べたらやみつきになること間違いなし。

麺屋 冽 上尾店

麺屋 冽 上尾店
上尾駅東口、上尾市役所前にある麺屋 冽。こちらの「本格濃厚つけ麺」は、魚介と豚骨のダブルスープに加わったピリッとした辛さがクセになる。モチモチ極太麺をアツアツのスープにくぐらせれば魚介の粉が絡みつく。やわらか鶏チャーシューはスープの味も染みて旨味倍増。オープンしたてのキレイな店内は女性のお客様にもおすすめ。駐車場がないので徒歩必須。

廣島中華そば 兎 上尾店

廣島中華そば 兎 上尾店
上尾駅西口すぐの廣島中華そば兎。こちらで頂く「魚介つけ麺」はパンチのある魚介系のスープに、ゴロゴロした角切りチャーシューとシャキシャキのもやし入り。麺はスープによく絡むモチモチの太麺で食べ応え抜群。完食後はスープ割りも忘れずに。店内はカウンター6席とやや狭いが、笑顔が素敵な広島出身のご主人が作るつけ麺を是非ご堪能あれ。

麺楽屋(めんらくや)

麺楽屋(めんらくや)
北上尾駅西口、上尾市中妻にある麺楽屋。お店の一押し「コク正油あじ玉らぁめん」は魚介の風味が効いた、こってり濃いめの醤油スープ。魚介系スープならではの粉っぽさは少なく、濃厚だけどすっきり。ツルツルした細麺とも絶妙にマッチし、トロトロの味玉も絶品。期間限定メニューも多く、テーブル席もある店内はお子様連れのファミリーもおすすめ。
  • 住所:埼玉県上尾市中妻2-13-23
  • 電話:048-772-4323
  • 営業時間:11:30~15:00 18:00~22:00 土、日曜、祝日 11:30~21:00
  • 定休日:月曜

つけ麺 晴れる屋

つけ麺 晴れる屋
北上尾駅西口、上尾市中妻にある晴れる屋。一押しは「特製つけ麺」。濃厚な魚介スープとほどよく絡む自家製麺も独特のコシがあり、大(400g)中(300g)並(200g)が同じ料金でたべられるのも嬉しいところ。程よく脂身がある炙りチャーシューは絶品で、味、量、値段、三拍子揃ったお店。カウンター5席、4人テーブル3つの落ち着いた店内だが、人気店だからすぐに満席になるので、時間に余裕をもって行くのが吉。

くりの木 上尾店

くりの木 上尾店
北上尾駅西口、上尾市泉台にあるくりの木。こちらの「煮干しだし中華そば」は、鰹出汁と共に、煮干しが口の中で広がる特濃そば。底には煮干し粉が潜んでおり、一度かき混ぜると更なる魚介の風味が広がる。それに加えてホロホロのチャーシューが食欲を掻き立てる。油の膜で最後の一口までアツい。麺をスープから上げると、温かい店内でも湯気が立つほどの激アツ具合。フーフーと少し冷まして啜る、まさにラーメンの醍醐味を最後まで味わえる一品。

中華そば 大樹 上尾店

中華そば 大樹 上尾店
北上尾駅西口、上尾市泉台にある大樹ラーメン。店名の入ったメニューは鉄板、という事でこちらをオーダー。トッピングはのり、メンマ、チャーシュー、味玉、刻みねぎに刻みタマネギのダブルネギ、魚粉と種類も多く実に旨そう。もっちもちの太麺にサラサラ系のスープ。食べてて気づいたのが、アブラが多めなので、時間の経過でスープがまったく冷めずアツアツのまま楽しめる。かといってアブラっぽい、という感じもない。ただ、スープが熱いので飲む派の人は火傷に注意。

ラーメン一代元上尾店

ラーメン一代元上尾店
北上尾駅東口、上尾市緑丘にあるラーメン一代元。ここで濃い一杯が欲しい時は、魚介の粉が舞う「節粉ラーメン黒どんぶり」がおすすめ。濃厚スープに絡み、魚介の粉と一緒にすする麺。きざみネギの辛さで食も進む。少し手を止めると底に魚介の粉がたまってしまうけれど、食べた後もあと一口、もう一口と飲みたくなるスープは必食の価値あり。

※お店の営業時間や休日が変更になる場合もありますので、事前にご確認の上ご利用ください。

※この特集はまいぷれ街角ライターによる記事です。