地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、上尾・桶川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

上尾・桶川の地域情報サイト「まいぷれ」

豪華なゲストを迎え例年以上の盛り上がり 第31回2018上尾シティマラソン

 疾走する子ども達

 穏やかな天候で絶好のマラソン日和となった11月18日、

上尾運動公園陸上競技場をスタート・フィニッシュとして「市制施行・体育協会創立60周年記念第31回2018上尾シティマラソン」が行われました。

 

アンダーパスを通るランナーたち 必死の表情で走るランナーたち

 ハーフ、5キロ、3キロの計3種目に約7,600人が参加し、日頃鍛えた健脚を競い合いました。

 

川内優輝さん 設楽悠太さん

神野大地さん 岡田久美子さん

 今年は招待選手として、

 埼玉県職員として勤務する傍ら数々の大会で好成績を収めている川内優輝さん、

 武蔵越生高校出身でフルマラソン前日本記録保持者の設楽悠太さん、

 青山学院大学時代に箱根駅伝に出場し「三代目山の神」と称された神野大地さん、

 ゲストとして、

 競歩日本選手権4連覇中でリオデジャネイロオリンピック代表の岡田久美子さんを迎え、

 例年以上の盛り上がりを見せました。

 

一位でゴールし歓喜 給水所で水を受け取るランナーたち

 高低差が少ない平坦なコースのため、県内でも屈指の好記録が狙える上尾シティマラソン。

 今回はハーフの部で1時間1分19秒の大会新記録が飛び出すなど、ハイレベルなレースが繰り広げられました。

 

爽やかにスタートをきるランナーたち スターターを務める畠山市長

一秒を競い競り合うランナー レース終盤に歯をくいしばって走るランナーたち

ゴールしお互いを労うランナーたち 仲間で揃ってゴールし歓喜 川内選手、神野選手から記念品を受け取る上位入賞者

 自身の限界に挑戦する人、日ごろの練習の成果を試す人、マラソンを通じて仲間との親睦を深める人、

目的はさまざまでしたが、 一様に走り終わった後には笑顔がこぼれていました。
 

 また、今回は小・中学生の上位入賞者へ川内選手、設楽選手、神野選手から記念品が贈られました。

記念品をもらえた人もそうでない人も、今後のモチベーションに繋がったことでしょう。